東京ベジフェス2017終了!

 

東京ベジフェス2017は、初出店でしたが、なんと季節外れの台風も参加
わざわざ、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました

台風でもお店を出す出店者さん、来場するお客様。
ただ者ではありませんね~。

すべてのお店は回れませんでしたが、いくつかのお店をご紹介しますね(^O^)/

2日目、午前中から午後にかけて、どんどんお店が撤退していく中、
最後まで出店していた内の1店舗で、(私も最後までいました!)

千葉のマクロビレストラン「カトラリーボックス」さんが、群馬で自然栽培している
色々な種類のりんごを販売していました。

りんごの元々の原種は、小さくて実がギュッと詰まっているものだそうで、
紅玉やふじの原種に近いものも味見させて下さいました。

それぞれが、味の違いが楽しめて、生命力あふれた、りんごたちでした。
丁寧な説明やおまけに感謝です!!
レストランはこちら→千葉県匝瑳市八日市場ホ1581 行ってみたいな~

もう1店舗は、
めざめ玄米(発酵発芽玄米)と炊飯器を販売されていた、あまてらす㈱さん。

元々、製薬会社にお勤めの方が、娘さんのアトピーがステロイドでは治らず、
玄米菜食で改善していったことがきっかけで、始められたそうです。
気づいた人から変わって、伝える側になっていくのですね。
あまてらす㈱さんは→こちら

 

そして、ご来店のお客様で、
お母さまが癌を患っていたころ、食事を改善されたことで、安らかな自然な最期を看取られたとのお話をされていた方が印象に残りました。

その方から、ローチョコのご感想頂きました!
 
「試食させて頂いたら、しばらくしてら、「美味しい。安心。」と、感じてきました。
そして、すぐに、体なのか、何なのか、ゾワゾワ~~と動いて、熱くなりましたょ。

ホームページを教えて頂いたので、ブログを読んでみたら
「…設定された枠から出た視点が必要なんです!」と。
そうですよね。
今、急速に、今までの色々な「設定された枠」に、「意識的に気づいていく」ための出来事が、私にも、日々、小さいことですが、沢山起きている。と、感じます。
もしかすると、こちらのローチョコが、「本物がわかる感性になるための過程」を
美味しくサポートしてくれるかも。


私にとっては、人間の可能性を伝えるひとつの方法が「ローチョコレート」なので
感じて下さって、とてもうれしいです

台風の雨の中だからこそ、出会えた人達、お話に感謝です!
そして、手伝ってくれたお友達、とってもありがとう